• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2022年9月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2022年10月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

夜BBQに便利なライト

BBQを夜にするのもおすすめ
BBQを夜にするのもおすすめ
BBQといえば、昼の明るい時間帯に行うことが多いですが、辺りが暗くなった夜に楽しむ例もあります。
夜BBQは、昼間のものとは全然違って見えて、幻想的な中、食事を楽しむことができます。
BBQをしたいけど、昼間は仕事で忙しくて無理だという人でも、夜であれば時間を作ることもできるでしょう。
また、夜の方が集まりやすいというメリットもあります。
ちょうどディナーのタイミングに合わせることも可能なので、食も捗るため、盛り上がること間違いありません。
このようなメリットがありますが、実は夜BBQならではのデメリットもあります。
最大のデメリットは、周りが暗いため、肉がきちんと焼けているのかを確認しづらいということでしょう。
肉の種類によっては、きちんと中まで火を通さなければいけないものもあり、この焼き加減次第で、大きなトラブルに発展してしまう可能性があるのです。
しかし、ライトを有効活用することによって、夜であっても問題なくBBQを満喫することができます。
肉や魚介、野菜などを焼く際に必ず使用することになるトングにライトが埋め込まれている商品も販売されているため、活用するのもいいでしょう。
トングにライトがついていると、焼いている食材をひっくり返す際などに、ピンポイントで焼け具合の確認もできます。
夜BBQに必要なライトについて
夜BBQに必要なライトについて
BBQを行う際には、食材を切ったり、火おこしをしたり、その他さまざまな準備が必要になります。
昼間であれば比較的行いやすいこういった準備も、周囲が暗くなってしまった夜であれば、ライトがないと、非常に厳しい状況となってしまいます。
トングライトは、食材を焼いている時には有効ですが、それ以外の際にライトは必要となります。
明るめのライトを必要数分用意しておけば安心です。
中には、火をライト代わりにしようとして危険な目に遭うこともあるため、事前にしっかりライトの準備をして、昼間とは雰囲気の違う夜のBBQを楽しんでください。