• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2022年5月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

BBQで気をつけたい虫対策

キャンプ場には虫が多い
キャンプ場には虫が多い
虫が苦手だという人も多いのではないでしょうか。
屋外で行うことが多いBBQは、虫対策もしっかり行いましょう。
自然の中で行うBBQは楽しいものですが、虫対策をしていないと虫に刺されたり、虫を気にしたりしながらBBQを行うことになるため、楽しさが半減してしまいます。
BBQを行うことが多いキャンプ場には、蚊、ブヨ、ハチ、ムカデ、マダニ、アリ、蛾などの虫がたくさんいます。
どの虫も刺されたり触れると、痒くなったり赤く腫れ上がり痛いです。
刺された虫によっては、病院に行かなければならないこともあるでしょう。
少しでも刺されるリスクを減らすために、しっかり虫対策を行うことが大切です。
有効的な虫対策をしよう
有効的な虫対策をしよう
BBQでの虫対策の基本は、虫除けスプレーです。 ホームセンターやドラッグストア、コンビニなど様々なところで手に入れることができるため、1つは持っておきましょう。
虫除けスプレーの独特な臭いが嫌だという人は、天然成分でできている虫除けスプレーもあり、人間の体だけでなく、テントなどに吹きかけて使用することができます。
虫除けスプレーとセットで用意しておきたいアイテムは、蚊取り線香です。
一箇所だけではなく、BBQをする場所の何箇所かに配置させるとより効果があります。
火の扱いが心配な人は、屋外用の地面にスプレーする虫除けや電池式の虫除けもあります。
しかし、虫除けアイテムだけでは完全な対策はできないので、虫が少ない場所や寄ってこない場所を選ぶことも大切です。
水や木が多い場所には、自然と虫が集まるので、できるだけ避けましょう。
また、BBQを行う時間はライトが必要な夜は避けて、お昼にするのがベストです。
夜にBBQを行う場合は、LEDライトを使用しましょう。
虫は光ではなく紫外線に寄ってくるので、LEDを使用すると通常のライトより虫が寄りにくくなります。
虫に刺されてしまった場合は、刺された場所から毒を抜き消毒をして、絆創膏やテーピングをします。
これは応急処置にすぎないため、症状がひどければ病院に行きましょう。