• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2022年5月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

BBQ時の熱中症に注意しよう

BBQの際に気をつけること
BBQの際に気をつけること
外で行うBBQはとても楽しいですが、注意しなければならないのは熱中症です。
毎年、多くの人がBBQを楽しんでいますが、BBQ会場で熱中症になり救急車で搬送される人もいます。
年々、日本国内の気温が上昇しているおり、熱中症にかかりやすいというのも原因として挙げられますが、お酒を飲みすぎたり、寝不足の状態だったりすると熱中症になってしまう危険性があるため、注意しなければなりません。
楽しいはずのBBQを台無しにしてしまわないように、熱中症対策をしっかり行いましょう。
熱中症対策の1つ目は、前日はしっかり睡眠をとることです。
外で行うBBQは、重たい荷物や機材を運ぶことや、外にいるだけでも体力が消耗し、熱中症にかかりやすくなります。
また、前日にお酒を飲み過ぎないように注意しましょう。
二日酔いの状態で暑い場所に行くと熱中症の危険性が高まります。
前日から熱中症対策を行い、少しでもリスクを軽減させることが大切です。
熱中症対策と応急処置
熱中症対策と応急処置
BBQ当日には、服装にも注意しましょう。
日焼けが気になり無理をして長袖を着る人も少なくありませんが、暑い日には厚着せずに、涼しい服装でBBQに参加するのが望ましいです。
体調が悪いと少しでも感じる場合は、陽のあたらない場所やクーラーの効いた車の中で休んでください。
熱中症は身体から水分と塩分が失われ、熱を放出できなくなるのが原因です。
喉が渇いていなくても、こまめに水分補給をしてください。
お酒は水分補給にならないため、水やスポーツドリンクを飲みましょう。
また、お酒を飲み過ぎると脱水症状が起き、熱中症にかかりやすくなるため、お酒を飲み過ぎないことや、水と交互に飲むなどの対策を行ってください。
他にも、お酒で酔うと熱中症に気がつかない場合もあるので、注意しましょう。
もし、熱中症になってしまった場合は応急処置が必要です。
涼しい場所で身体を休ませて、体温を下げ、水の中に少し塩を入れて水分補給をさせてください。
熱中症が重度の場合は、応急処置では回復が難しいので、救急車を呼び、病院へ連れていきましょう。