• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2022年5月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

BBQでの焼き方のコツは?

焼き方のコツを知っておこう
焼き方のコツを知っておこう
BBQを行う際にお肉を焼きますが、焼き方にコツがあります。
焼き方のコツを知っておくと、安いお肉でも美味しくなるでしょう。
まずは、炭火について知っておく必要があります。
炭は、ガスに比べて風などの影響を受けにくいので、お肉の内側まで火を通すことができます。
しかし、焼き方によっては焦がしてしまう恐れがあるため、注意が必要です。
焼き方のコツは、お肉の薄さによって焼き方を変えることです。
例えば、薄いお肉は炭火の火力が強い場所で表面だけを焼きます。
焼きすぎるとすぐに焦げたり、硬くなってしまったりするため、注意しましょう。
鶏肉など厚さがあるものは、火力が強い場所で焼くと表面だけが焦げて、中までしっかり火が通りません。
時間はかかりますが、じっくりと中まで火が通るように中火程度の火力で焼きましょう。

炭火の配置
炭火の配置
炭火の火力は、炭の配置がコツです。
炭の配置には主に3パターンあって、配置を意識することで火力をコントロールできます。
定番は、スリーゾーンファイアと呼ばれる配置です。
炭の配置をそれぞれ変え、火力が異なる場所を3つ作ります。
炭を置かない場所、少し炭を置いた場所、炭を置いて火力を強くする場所の3つ場所を作ることで、食材によってコントロールすることができるのです。
また、ツーゾーンファイアは、半分に炭を寄せる配置のことで、だれでも簡単に配置することができます。
3つ目のパターンは、スプリットゾーンファイアです。
この配置方法は、大きなお肉を焼くときに使用される方法で、直接火が当たらないため、分厚いお肉でもじっくり中まで火を通すことができます。
この3つのパターンをマスターしましょう。
また、ステーキのように焼くのか、焼肉のように焼くのかによって焼き時間は異なります。
BBQは、お肉の焼き方がとても重要です。
最初は難しいと感じるかもしれませんが、焼き方のコツをよく理解することで、BBQをより楽しめます。