• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2019年10月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年11月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

BBQで薪を使うメリットについて

炭と薪の違いとは
炭と薪の違いとは
BBQを行う際は、炭でお肉や野菜を焼いて食べるのが定番ですが、薪を使用してみてはいかがでしょうか。
薪といえば暖炉で使用するイメージがありますが、BBQにも使用することができるのです。
年配の人は薪を使用し、焚き火でBBQをした人も少なくないでしょう。
最近は焚き火でBBQをする人が増えてきていますが、まだ経験のない人は挑戦してみてはいかがでしょうか。
炭と薪には様々な違いがあります。
炭の特徴は火力が安定し、炭の位置を変えるだけで火加減を調整することができ、値段も比較的安いことです。
薪の場合は、火力が不安定であるため一定に保つことが難しく、火力の調整も難しいため、主に焚き火で使用することが多いでしょう。
値段も、炭より高いです。
BBQでは炭の方が使いやすく、薪を使用するメリットを感じない人もいるでしょう。
しかし、薪をBBQに使用するメリットがあります。
メリットの一つは、風味がよく、味が濃厚になり、新食感が楽しめるということです。
お肉をより美味しく食べるために、薪を使用してみてはいかがでしょうか。
また、寒い時期のキャンプではBBQをする際に薪を使用すれば、BBQだけでなく焚き火にもなり、身体を温めることもできます。
BBQが終わったあとは、火を眺めなら団欒タイムを楽しみましょう。
BBQで薪を使用するときは
BBQで薪を使用するときは
薪を初めて使用してBBQする人は、火の点け方を知っておきましょう。
薪の火の点け方は、細いものや枝から火を点けるようにし、空気の通り道を意識して配置すると着火します。
枝は、乾燥したものを選ぶのがポイントです。
配置の仕方は、井形に積み上げていきます。
井形に積み上げると、炎が上へと上がっていくため、自然に薪に燃え移るのです。
薪は炊事用と焚き火用があり、BBQでは炊事用を使用すると良いです。
焚き火用でもBBQをすることができますが、炊事用は乾燥しているため、火起こしが楽になり、一気に燃えるため火力も強くなります。
薪の数が多すぎると、大きな炎が上がってしまうため、使用量は調節するようにしましょう。