• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2019年10月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年11月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

BBQで冷たい生ビールを楽しむには

屋外のBBQで冷たい生ビールを飲むためには
屋外のBBQで冷たい生ビールを飲むためには
ビールが好きな人も多いのではないでしょうか。
暑い日のBBQには生ビールは欠かせません。
しかし、外で行うBBQは冷蔵庫がないため、生ビールがぬるくなってしまい美味しくありません。
夏に生ビールを美味しく飲むためには、4度から6度が適温だとされています。
クーラーボックスに氷水を入れて缶ビールを冷やすこともできますが、何度もクーラーボックスを開け閉めや、長時間放置すると中の氷が溶けてビールもぬるくなります。
暑い日のBBQでも冷たい生ビールを飲みたい人は、ビールサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。
自宅に屋外用のビールサーバーを持っているという人は少ないですが、わざわざ購入しなくてもレンタルすればビールサーバーを使うことができるのです。
また、BBQ会場まで届けてくれるサービスもあります。
そのサービスを利用すると、何本も缶ビールを買って持ち込む手間も省けるでしょう。
大人数でBBQを開催するときに、ビールサーバーをレンタルすると喜ばれるはずです。

ビールサーバーで冷たいビールを飲もう
ビールサーバーで冷たいビールを飲もう
ビールサーバーは電源がないと使えないといったイメージを持っている人もいるでしょう。
ビールサーバーの種類によって異なりますが、電源がなくても氷で冷やす氷冷式サーバーもあるため、屋外のBBQでも安心してレンタルすることができるのです。
ビールサーバーをレンタルすると、缶ビールよりも冷たく、きめ細やかな美味しい生ビールが飲めます。
氷冷式ビールサーバーは水と氷が必要です。
上蓋を開けて底に敷いてある鉄のプレートに水と氷を1kgほど入れると、そのプレートが冷えてビールが冷やされるという仕組みになっています。
鉄のプレートが早く冷えるように、水は少なめにして氷が少し浸る程度に入れるのがポイントです。
設置もレンタル業者が行ってくれる場合があります。
外でキンキンに冷えたビールが飲めるといつもよりも豪華で雰囲気も一層楽しくなるでしょう。
ビールの缶を集めて持ち帰るなどの手間も省けます。
BBQをする際は、会場まで届けてくれるビールサーバーのレンタルサービスを利用してみてはいかがでしょうか。