• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

人数が◯人!BBQ機材はいくつ必要?

買い出しで困る炭の数、コンロのサイズ
買い出しで困る炭の数、コンロのサイズ
BBQにはいろいろな機材を持っていくことになりますし、事前に買い出しに行くことも多いですが、炭の数をどうしようかと迷ってしまうことは少なくありません。
BBQに参加する人数によって機材や炭の数は違ってきますし、悩んでしまうところです。
4~5人くらいでBBQをするとして、一般的なマングローブ炭を使う場合は、だいたい3キロ程度の炭が必要となります。
もちろん、ケースバイケースなので絶対ではありませんが、これくらいの量があれば十分という場合が多いようなので、参考までに覚えておきましょう。
頻繁にBBQをする機会がある人なら、多めに買っておいても良いでしょう。
BBQでは、炭の数だけでなくコンロの大きさにも注意しないといけません。
人数が多いのにコンロが小さいと、一度に焼ける肉や野菜の量が少なくなってしまいますし、その分だけ待ち時間も長くなってしまいます。
せっかくの楽しいバーベキューでストレスを感じるのは避けるべきなので、人数にマッチした大きさのコンロを用意しないといけません。
一般的には、1人1時間1キロと言われていますが、40センチ角程度の大きさのコンロ機材は4~5人数用と考えられます。
とりあえずはこれを目安に、人数に合わせた大きさを選ぶか、もしくは複数のコンロを用意するのが良いでしょう。
回数が多いならステンレス製
回数が多いならステンレス製
BBQに必要な主要機材のコンロですが、もし頻繁にバーベキューをするという人の場合は、ステンレス製のコンロを購入するのもおススメです。
コンロは安価なものもたくさん販売されていますが、安価なものはどうしても劣化も早く長持ちしないので、その点は注意が必要です。
ステンレス製のものはやや高価になりますが、その分長く使うことができます。
頻繁にバーベキューやキャンプをする機会がある場合は、かえってコストパフォーマンスが良いのではないでしょうか。
ステンレス製のコンロを、グループのメンバーで共同購入するのもアイデアです。

                                                                                                
東京東エリア
新左近川親水公園 葛西海浜公園(西なぎさ) 大島小松川公園
千本桜公園 夢の島公園 新木場公園
若洲公園 辰巳の森海浜公園 葛西臨海公園
木場公園 富士公園 篠崎公園
水元公園 汐入公園 舎人公園
浜町公園 築地川公園
東京北エリア
赤塚公園 光が丘公園 荒川岩淵関緑地
板橋区平和公園 大泉さくら運動公園 赤羽自然観察公園
荒川戸田橋緑地
東京南エリア
暁ふ頭公園 大井ふ頭中央海浜公園 城南島海浜公園
京浜島つばさ公園 しながわ区民公園 潮風公園  
東海ふ頭公園 みなとが丘ふ頭公園 平和島公園  
東京西エリア
府中の森公園 小金井公園 野川公園
武蔵野公園 和田堀公園 武蔵野中央公園
府中郷土の森 三鷹市農業公園 稲城北緑地公園
若葉台公園 西東京いこいの森公園 たけのこ公園   
栗山公園 秋川橋河川公園 釜の淵公園   
清瀬金山緑地公園  
多摩川エリア
多摩川緑地バーベキュー場 丸子橋
千葉エリア
浦安市総合公園 妙典河川敷 市川大洲防災公園
広尾防災公園 香澄公園 里見公園   
行徳橋河川敷 清水公園   
埼玉エリア
彩湖道満グリーンパーク 秋ヶ瀬公園 柳瀬川河川敷
三郷公園          美南中央公園 草加公園
蕨市民公園          嵐山渓谷バーベキュー場 朝霞の森公園
神奈川エリア
鶴見川樽町ポンプ場 東扇島東公園 東扇島中公園
うみかぜ公園          逗子海岸 森戸海岸公園
海の公園          野島公園 和田長浜海岸
観音崎公園         
『個人宅、会社敷地、私有地等への配達は別途お見積りとなります。ご相談ください。』