• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

食材の下準備。保存や持ち運び方法は?

BBQでは食中毒に注意!
BBQでは食中毒に注意!
BBQと言えば、肉や魚介類などの生モノ食材も材料として用意しなければいけません。
こういった鮮度が命の生モノは、保存法や下準備に気を付けないと食中毒を引き起こす原因にもなってしまいます。
特に、暑い時期にBBQを行う場合、下準備をしなかったり保存方法を間違えてしまうとみるみるうちに食材の鮮度を落としてしまうことになります。
また、肉や魚介類などはしっかりと火が通っていない状態で食べてしまうと、食材についていた菌などが死滅せずに残ってしまい、その菌を身体に取り込むことによって食中毒で体調を崩してしまうということもないとは言い切れません。
なので、BBQをする時には生モノの食材の下準備をしっかりとしておくとともに、食べ方や現場まで持っていく時の鮮度を保つ方法などについてしっかりと把握しておく必要があります。
食材の下準備や持ち運び方
食材の下準備や持ち運び方
まず、食材の持ち運び方として重要なのが持ち運び方です。
特に注意すべきは肉などです。
鮮度を落とさないために、まずは濃いめの塩水を作りそれをペットボトルに入れて凍らせましょう。
その凍らせたペットボトルをクーラーボックスの一番下に置き、その上にラップをして密封パックに入れた肉をおきます。
その上に保冷剤を敷き詰め、さらにその上に野菜やほかの食材などを置いて最後に新聞紙をかぶせて蓋をしましょう。
凍った塩水というのは通常の水を凍らせたものに比べてゆっくりと溶けていきます。
そのため、冷たい温度を通常よりも長く保つことができることを覚えておきましょう。
また、下準備としてはお肉をタレに漬け込むという方法も良いでしょう。
タレに殺菌効果のあるショウガなどを入れておきと肉に風味も付きますし、殺菌効果もあるのでおすすめです。
タレに付け込む場合、保存期間は4日から5日程度なのでその期間内でBBQに使うようにしておきましょう。
できる限り食材は鮮度を落とさず菌の繁殖を防ぐために使用する日に近い日に購入するようにしておくと安心です。

                                                                                                
東京東エリア
新左近川親水公園 葛西海浜公園(西なぎさ) 大島小松川公園
千本桜公園 夢の島公園 新木場公園
若洲公園 辰巳の森海浜公園 葛西臨海公園
木場公園 富士公園 篠崎公園
水元公園 汐入公園 舎人公園
浜町公園 築地川公園
東京北エリア
赤塚公園 光が丘公園 荒川岩淵関緑地
板橋区平和公園 大泉さくら運動公園 赤羽自然観察公園
荒川戸田橋緑地
東京南エリア
暁ふ頭公園 大井ふ頭中央海浜公園 城南島海浜公園
京浜島つばさ公園 しながわ区民公園 潮風公園  
東海ふ頭公園 みなとが丘ふ頭公園 平和島公園  
東京西エリア
府中の森公園 小金井公園 野川公園
武蔵野公園 和田堀公園 武蔵野中央公園
府中郷土の森 三鷹市農業公園 稲城北緑地公園
若葉台公園 西東京いこいの森公園 たけのこ公園   
栗山公園 秋川橋河川公園 釜の淵公園   
清瀬金山緑地公園  
多摩川エリア
多摩川緑地バーベキュー場 丸子橋
千葉エリア
浦安市総合公園 妙典河川敷 市川大洲防災公園
広尾防災公園 香澄公園 里見公園   
行徳橋河川敷 清水公園   
埼玉エリア
彩湖道満グリーンパーク 秋ヶ瀬公園 柳瀬川河川敷
三郷公園          美南中央公園 草加公園
蕨市民公園          嵐山渓谷バーベキュー場 朝霞の森公園
神奈川エリア
鶴見川樽町ポンプ場 東扇島東公園 東扇島中公園
うみかぜ公園          逗子海岸 森戸海岸公園
海の公園          野島公園 和田長浜海岸
観音崎公園         
『個人宅、会社敷地、私有地等への配達は別途お見積りとなります。ご相談ください。』