• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2019年1月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年2月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

野外BBQではタープやシェードで紫外線対策も抜かりなく

BBQには紫外線対策が必須
BBQには紫外線対策が必須
簡単にできるアウトドアとして人気のBBQは、夏から秋にかけて楽しむ人が多いでしょう。
特に暑い夏場は、外で焼いたお肉とビールがよく合います。
しかし、夏場は炎天下で長時間過ごすことになるので、日焼けを気にしてBBQを心から楽しむことができない人もいるのではないでしょうか。
日中から夕方まで外にいると、紫外線をたくさん浴びることになるので、絶対に日焼けをしたくない人は、紫外線対策が必須になります。
しかし、日焼け止め料を塗って紫外線対策を行ったつもりでも、絶対に日焼けをしないという保証はないので、気になる場合は帽子の着用や日陰の確保などで自衛手段を講じることが大切です。
また、日焼け止め料は種類に応じて数時間おきに塗り直す必要があることも忘れてはいけません。
日陰になる場所がないところでBBQをするときは、アウトドア用品の専門店で紫外線対策用のグッズを活用しましょう。
紫外線対策グッズ
紫外線対策グッズ
アウトドア用品の専門店では、タープやシェードと呼ばれる日除けアイテムが販売されています。
タープやシェードは、テントとは構造が異なります。
床があるテントは、キャンプで一泊するときなどに寝室として使用できます。
しかし、タープやシェードは床部分がないので、紫外線対策や休憩スペースとして使用されることが多いものです。
テントのように屋根だけ取り付けたタイプのシェードは、日陰を作り出すことができます。
ただし、防水性能に優れているわけではないため、雨が降らない日で短時間のBBQというときに、シェードを使用するといいでしょう。
タープは、シェードに防水性能が加わったもので、ポールで幕を立てるタイプや、地面まで覆うことができるもの、虫除け機能があるものなど、様々な種類があります。
BBQで日焼けをしたくない人は、日焼け止めを塗るケア以外にも、場所や状況に合わせてタープやシェードを使用しての効果的な紫外線対策を行うことをおすすめします。