• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

BBQに欠かせないクーラーボックス!どう選べば良いの?

食材の鮮度と飲み物の冷たさを保つクーラーボックス
食材の鮮度と飲み物の冷たさを保つクーラーボックス
夏のアウトドアといえば、BBQです。
BBQにはクーラーボックスが欠かせません。
お肉や海鮮、野菜の鮮度を保ち、ビールやジュースなどの飲み物を冷たいまま飲むことができるクーラーボックスはBBQにとって大事なアイテムのひとつです。
夏場は食中毒になりたすいため、必ず準備しなければなりません。
BBQの食材選びにこだわるのも勿論ですが、クーラーボックスにも様々な種類があるため、数あるクーラーボックスの中から使いやすく、自分に合ったものを選びましょう。
クーラーボックスには選び方や、使いこなすポイントがありますので、BBQをより楽しみたい人はおさえておくと良いでしょう。
まずは、クーラーボックスの選び方ですが、材質を知り用途に合ったものを選ぶ必要があります。
選び方と使いこなすポイント
選び方と使いこなすポイント
クーラーボックスの材質には主に、アルミ蒸着・ポリエチレン、発泡スチロール、発泡ウレタン、真空断熱パネルの種類があります。
アルミ蒸着・ポリエチレン製のクーラーボックスは短時間の保冷に向いています。
保冷力が弱いため、長時間のBBQには使えないでしょう。
発泡スチロール製は、安く手に入り、軽いのが特徴です。
野外で使用する場合には、中に保冷剤を入れて使用してください。
発泡ウレタンは、発泡スチロールより保冷効果が強く、頑丈です。
値段も安いため、どのクーラーボックスが良いかわからない時は、発泡ウレタンを選ぶとい良いでしょう。
真空断熱パネルは保冷剤の消費を抑え、長持ちさせることができます。
高機能ですが値段が高いものが多いでしょう。
クーラーボックスのサイズが大きければ大きいほど、その分保冷剤の消費が大きくなります。
食材や飲み物の数が少ない場合は、小さいクーラーボックスを複数使用すると良いでしょう。
クーラーボックスの使い方は、開けっ放しにしないことです。
クーラーボックスの役目は冷やすのではなく、冷たさを保つことです。
保冷効果を長くするためには、開け閉めの回数を減らしましょう。