• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2019年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

これがデキる人はBBQ奉行!?

BBQ奉行10即をマスターしよう!
BBQ奉行10即をマスターしよう!
BBQを企画すると必ず登場する『BBQ奉行』。
BBQ奉行の使命は「BBQを楽しく、美味しく、スムーズに進行すること」ですが、実は知っている人がみると「それ、ちょっと違うんじゃない?」と気づいてしまうようなタブーもあるのです。
完璧なBBQ奉行をつとめるためにも『BBQ奉行10即』をマスターしましょう。
BBQ奉行10即
BBQ奉行10即
  • 1 グリルはいつも清潔に!

    何事も用具のお手入れは基本中の基本。
    BBQグリルは使用前に掃除をして、清潔な状態で使いましょう。
  • 2 余熱はしっかりと!

    「火がおきた!」とすぐに肉を焼き始めるのはNG。
    余熱をしっかりしないと肉がグリルにこびりついてしまうしキレイな焼き跡もつきません。
  • 3 油は食材に塗る!

    実はBBQグリルには油を塗ってはいけません。
    余分な油が炭に落ちてしまうので、油はブラシを使って食材に塗りましょう。
  • 4 肉は冷たい状態で焼く!

    常温に戻して焼いた肉は焼き上がりが均等になる反面、パサついた固い食感になってしまいます。
    焼く直前までクーラーボックスなどで冷たい状態をキープしておきましょう。
  • 5 炎に水をかけない!

    肉から落ちた油で一時的に炎が立ち上ることがありますが、水をかけると灰が舞い上がってしまいます。
    落ち着いて肉を火力が弱い場所に移動させましょう。
  • 6 ソースは焼きあがり5分前!

    バーベキューソースは糖度が高いものが多いので、早めに塗ると焦げてしまいます。
    ソースは焼きあがり5分前で美味しい肉に仕上がります。
  • 7 フタは開けても二度三度!

    やけ具合を確かめるために何度もフタを開けていると、ガスグリルでは肉がパサパサに、炭火グリルでは肉が焦げてしまいます。
    焼き上がりの美味しさをキープするためには「フタは開けても二度三度」です。
  • 8 焼き上がりの確認には温度計!

    焼き上がりの確認のために肉を切っている人は素人。
    BBQ奉行は肉温度計を差し込んで確認します。
    ちなみにミディアムは65℃~、ウェルダンは70℃~です。
  • 9 焼けたら5分待つ!

    「よし焼けた!」ですぐにサーブするのはNG。
    アルミにくるんで5分待つ、これでうまみが凝縮します。
  • 10 食材は少しずつ!

    一度に大量の食材を焼くのはNG。
    食材ごとに分けて少しずつ焼きましょう。