• プルプラン
  • セットプランセッティング付き
  • セットプラン
  • バーベキューツール
  • 消耗品
  • 生ビール
  • セット食材
  • 単品食材
  • 宿泊レンタルプラン

カレンダー

2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

BBQで下ごしらえをした方が良いお肉とその方法

スーパーで買ったお肉は硬い
スーパーで買ったお肉は硬い
BBQはお肉がメインになりますが、お肉を焼いてみたらパサパサしていて、硬いなどという経験が誰にでも一度はあるのではないでしょうか。
BBQに使用するお肉は大量に安いものを手に入れることに重点をおいてしまうため、味やお肉の質にこだわることがあまりないでしょう。
そのため、いざBBQで焼いてみるとゴムのように硬いお肉になってしまうことが多々あります。
しかし、お肉の下ごしらえに少し工夫するだけで、スーパーで買った安いお肉も簡単に柔らかくて美味しいお肉になるのです。
BBQでも柔らかくて美味しいお肉が食べられます。
お肉の下ごしらえのコツをおさえ、これからBBQをする際に役立ててみてください。
お肉の下ごしらえで簡単に柔らかくする方法
お肉の下ごしらえで簡単に柔らかくする方法
お肉の下ごしらえのコツは、炭酸にお肉を漬け込むことです。
BBQの時に、ビールやコーラなどを用意しますが、お肉を漬け込む用として少し余分に用意しましょう。
お肉を焼く前に10分ほど漬け込み、水で洗い流すだけで簡単に柔らかいお肉が食べられます。
お肉がコーラやビールの味になることはありません。
牛乳でもお肉の繊維を分解する効果があるためお肉を柔らかくします。
牛乳の場合は30分以上漬け込んでおきましょう。
繊維が多いお肉はフォークや瓶底で叩き、繊維を切ることで、加熱した際に繊維が縮まって硬くなるのを防ぎます。
お肉の下ごしらえの際に、塩胡椒を振りますが焼く直前に振るのがポイントです。
早めに塩を振ってしまうと、お肉の水分が出てしまい硬くなる原因となります。
焼く直前に振ると、表面の水分によって溶け濃い食塩水状態となります。
お肉はその濃い食塩水を薄めるために、奥の水分を引き出すためお肉の身が引き締まり、焼きやすくなるのです。
BBQのグリルで焼くときは、炭火が中央に集まるため、中心でお肉を焼くようにしましょう。